読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

家で、白髪を染めたい方へ。



こんにちは。

 盛岡、本宮 hair discovery

ヒットミーです。











一ヶ月に一度、


中学生の息子さんのカットに来てくださる石山さん(仮名)が、




帰り際に...





f:id:jacksonito32:20151024220819j:image
「ひとみさ~ん。

私、そろそろ染めなきゃダメですよね~!?もう...白髪が...。

染めなきゃ、ダメですよね??」









f:id:jacksonito32:20151024221650j:image

「石山さん。前に来ていただいてから、3ヶ月以上経ってますよ~。

もし気になってるなら、染めましょう!

明日、これますか?」









f:id:jacksonito32:20151025094925j:image

「ん~。 

忙しいから、いつ行けることやら....。(てへぺろ)」






私は、このとき

彼女が本当に言いたいことを見抜いた!!
(たぶん。)


f:id:jacksonito32:20151025095041j:image
(さては、また市販カラーをする気だな!?)












そう。


石山さんは、以前からず~と市販カラーやってました。





今は、美容室で染めていますが...




忙しくて 本当に来たくても来れないんですよね。





わかります。





f:id:jacksonito32:20151025114208j:image
僕も、子供3人いますが


本当に、超大変ですもん。


自分の時間なんて パパもママも 思ってるほど作れないっすから。












とりあえず、最優先「白髪なんとかしたいけど、美容室行けないパターン











f:id:jacksonito32:20151025115236j:image
「石山さん。この流れだと、市販カラーやっちゃいそうなので...


  もし、どうしてもやるなら、

約束を、2つお願いしますね。」







f:id:jacksonito32:20151025114948j:image
「私、約束守る。」








f:id:jacksonito32:20151025115236j:image
「簡潔に言います。





1、毛先にトリートメントつける、根元だけ染める。※毛先は、薬つけないで。


2、泡カラー絶対ダメ。クリームで。





念のため、もう一度言います。

泡カラー、絶対に使わないでください。









以上。

できれば、店で染めてくださいね。(ハート)」









f:id:jacksonito32:20151025114948j:image

「わかったわ。



あ~、パーマもしたいけど。


やっぱ、お店で染めようかな。




ごめんね、ひとみさん。

やっぱ...市販カラーってダメなのかしら?」

























f:id:jacksonito32:20151026065623j:image
「石山さんに、罪はないです。








カラーの薬の「パワー」を

火加減で例えますね。

※色味の話は置いといて。









ある程度、カラーを続けている「髪」を


肉に例えます。





f:id:jacksonito32:20151026065820j:image

例えば、こんな厚みの差がある肉を


全体を均一に

中までしっかり火を通して

おいしく

綺麗に


焼き上げる。と、します。











f:id:jacksonito32:20151026070026j:image
いきなり、強火で焼いたら


こうなるじゃないですか。

肉の薄いとこが、カラーをやり続けてダメージ受けやすい毛先です。





で、市販のカラーって


基本「強火」しかできないです。


それを、根元から一気に毛先まで塗るなんて










そんなん

f:id:jacksonito32:20151026070115j:image
こうですし





f:id:jacksonito32:20151026070137j:image

見ての通りなんだけど
根元の新しい髪って、例えるならこんな感じ。






毛先はトリーメントで、火の通りを気休めでも遮る感じです。


できるなら、時間差で焼いてください。












つまり、サロンカラーって
f:id:jacksonito32:20151026070157j:image
どうやったら、綺麗に全体を

焼き上げられるか?

毛先は、力の弱い薬でOK 。




1年後も、2年後も、カラーするなら


サロンカラーを、おすすめします。









色味のブレンド。

力の加減。

根元と毛先の対応は、当然違うわけです。







焼く時間、火の強さ、フライパン、金網、オイル、など
f:id:jacksonito32:20151026070300j:image
すべての行程、技術、道具、

ハイクオリティで時間内に仕上げる美容師さん。





焼き肉職人で言う、ゴッドハンド。












私は、


この肉を いきなり超強火で全体を焼いてしまう泡カラーが嫌いなんです。



毛先焦げた肉に、トリートメントはすでに遅し。


パーマなんて、夢のような話。







だから、







きつい言い方ですが、



カラーの薬って「ちゃんとした勉強をして」使うものだと思います。

偉そうに、すみません。









例えが、分かりにくかったら


すみません。




根元だけ、クリームで染めるなら


こちらでも


対応できる幅がありますが




毛先は、安易に染めないでください。















f:id:jacksonito32:20151026072948j:image
「ひとみさん、これ漫画にしたら売れそうですね。

わかりやすいですもん。


ありがとうね!」













忙しくて、白髪を染めたい方へ。


でした!










f:id:jacksonito32:20151026065623j:image
本宮の、漫画家美容師ヒットミーに

お任せあれ。




正しい知識が、綺麗な毎日を作り出すのだ!(^^)











それでは、また!