読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

スプリナージュ黄昏物語。第1話。
































f:id:jacksonito32:20151121172245j:image
「だから...俺に、どうしろってんだよ!?






f:id:jacksonito32:20151121172254j:image
「あなたの生き方には口出ししないわ。私は、茶碗を洗ってほしいだけ。それだけよ。



f:id:jacksonito32:20151121172245j:image
「俺が、洋太と美優を風呂に入れてんだぞ!料理と茶碗洗いはお前の仕事だろ!」



f:id:jacksonito32:20151121172254j:image
「風呂って...、洋太と美優は もう自分たちで入れるじゃない!

私、手荒れ痛いの我慢して料理してるのよ!

それに、茶碗洗ってからも洗濯ものたたんだり、それから...お弁当の準備したり...


あなたは、ご飯食べて お酒飲みながら『プロフェッショナル仕事の流儀』観て、こたつで寝てるだけじゃない!!









f:id:jacksonito32:20151121172245j:image
「だから...


俺は、仕事で疲れてるんだぞ!」










f:id:jacksonito32:20151121174536j:image
「聞きあきたわよ!その台詞!私だって、疲れてるわよ!あなただけじゃないのよ!?」














f:id:jacksonito32:20151121175530j:image
「...わかりました。もう、いいです。もう、何も頼みませんし、お願いしません。

もう、私たちの前から消えてください。お願いします!」









f:id:jacksonito32:20151121175652j:image
「私たちって、何だよ。


なんで、子供含みなんだよ。


そんでお前...


なんでマジで怒ると敬語になるんだよ。」

















f:id:jacksonito32:20151121173542j:image
「..........。」



















f:id:jacksonito32:20151121172913j:image





f:id:jacksonito32:20151121172924j:image




f:id:jacksonito32:20151121172950j:image
「な...。



f:id:jacksonito32:20151121173013j:image









f:id:jacksonito32:20151121173023j:image










f:id:jacksonito32:20151121173043j:image









f:id:jacksonito32:20151121173050j:image
「なんだよ...。この卑猥な漫画は...!?





f:id:jacksonito32:20151121173141j:image
「そこじゃなくて、次のページ。」







f:id:jacksonito32:20151121173155j:image







f:id:jacksonito32:20151121173208j:image









f:id:jacksonito32:20151121173240j:image
「こ、 これは...!?




















つづく。



↓第2話へ、急げ!(^^)↓