読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

刑事ヒットミー・純情物語。第1話。「男の頭皮ケア」



























f:id:jacksonito32:20160122165834j:image
「状況は...!?」




f:id:jacksonito32:20160122174602j:image
「コブレッティ。

犯人は、人質をとってスーパーに立て込もっている!

要求は...、正しい頭皮の洗い方を


教えろと...!」














f:id:jacksonito32:20160122175933j:image
「...何?」













f:id:jacksonito32:20160122171342j:image
「俺の出番か...。」







f:id:jacksonito32:20160122171241j:image
「...なんだ、てめェは?」












f:id:jacksonito32:20160122171452j:image
コブラ。これからスーパー内部に潜入する。


援護してくれ。



俺は、美容専門の刑事 ...ヒットミーだ。


ここの交渉は俺に任せろ。」












f:id:jacksonito32:20160122175933j:image
「オイ。こんな素人...どっから呼んできやがった?

こいつと、組めってのか?




f:id:jacksonito32:20160122174620j:image
盛岡市本宮、discoveryだ。






f:id:jacksonito32:20160122175933j:image
「いや、どこだよ。」













f:id:jacksonito32:20160122180420j:image
「美容師ヒットミーさんだ。」








f:id:jacksonito32:20160122175933j:image
「だから 誰だよ。」






















そして、



















「動くんじゃね~!!」












f:id:jacksonito32:20160122174029j:image

ドンッ!!!











「朝も、夜もしっかりシャンプーしなきゃダメだろ!?強力なクレンジングシャンプーでよォ!!
f:id:jacksonito32:20160122174041j:image
「ひ~~!!助けて~!」














ヒットミー&コブラは、犯人の死角となる

ジュースコーナーから回り込んだ...









f:id:jacksonito32:20160122171513j:image



f:id:jacksonito32:20160122174408j:image
「皮脂は敵だ!! 朝も夜も、シャンプーだ!!ガリガリこすってなァ!!


なあ、そうだろォ!?」









f:id:jacksonito32:20160122174528j:image
「....。」










f:id:jacksonito32:20160122171522j:image
ゴク...         ゴク...


「ヒットミー。人質が多すぎる。


このまま、突っ込むぞ!


おまえの交渉術... 見せてもらおうか。」











f:id:jacksonito32:20160122171638j:image
「オイ。 勝手に飲むなよ。

万引きじゃねぇか。









まあ。...任せとけ。コブラ。」




















f:id:jacksonito32:20160122174602j:image
「頼んだぞ...。コブラ、ヒットミー...。」














つづく。