読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

 南中物語。 vol.2













↓ 前作、vol.1はこちら ↓













※この物語は、1996年~1998年あたりの盛岡市 見前南中学校を描いた


作者の青春ストーリーである。

















南中物語。Vol.2 ~ 僕らの時代 ~




























昼休み。


こぞって、男子たちが体育館でバスケやりながらスラムダンクのキャラクターになりきってたあの頃....。






あるいは、蹴っちゃダメなバレーボールを蹴りまくってサッカーしてた あの頃。
(外でサッカーやれよ。)










そんな汗ばむ体育館には







決まって、かならず


f:id:jacksonito32:20160624065331j:image
体育館の端っこで、ただ座ってる女子数名とかいたよね。


何しに来たんだよ、おまえら的な。






しかも、そん中の一人だけが  微妙にかわいいパターン。




よそのクラスだから、話したことないけど



決して、学年で 男子が思うかわいい女の子トップ10に入ることはなく、



むしろ順位などつけられない 独特な 異彩な色気を放つ


コアなファンがついている 誰ともかぶらない絶妙なルックスの女の子。



学年に、


かならず 一人はそんな子がいたよね。














で、聞きたいんだけど




「なんで、そこ、ずっと座ってんだよ!」





みたいな。




意味がわからなかった。






f:id:jacksonito32:20160624080355j:image
けど。


わりと、見ちゃうよね。



そんな、端っこにいたら。








バスケしつつも、見ちゃうよね...。










f:id:jacksonito32:20160624065348j:image

それで、なんか...







そういう時って、
f:id:jacksonito32:20160624080601j:image

(もしかして、俺のこと見てんじゃね...?)





...みたいな錯覚に陥るよね。

(男子諸君、わかっておる。)










f:id:jacksonito32:20160624080720j:image












f:id:jacksonito32:20160624080657j:image

やがて、その錯覚は





f:id:jacksonito32:20160624080444j:image
確信へと変わって行く。



「絶対に、たぶん俺だ。  たぶん絶対、俺を見てる...!!」
















f:id:jacksonito32:20160624080720j:image










f:id:jacksonito32:20160624080803j:image

しかも、あの襟元の感じからすると


あきらかにジャージの下にTシャツ着てないんじゃないか...?







みたいな、魅惑のパターン。






視力がいいことに、そんなとまで見てる俺は ただの変態だ。

(落ち着け。男子諸君。)







f:id:jacksonito32:20160624080812j:image

(まさかの、まさか...!? まさかの見てるパターン?みたいな!?)









もう。僕は、銀狼怪奇ファイル堂本光一なみに豹変しそうだった...













f:id:jacksonito32:20160624080720j:image



















f:id:jacksonito32:20160624080840j:image










結局、




「へい!パス、パス!」言ってた友達と、




この女の子は







付き合ってた。笑










見てたの、そっちかよ。みたいな。










昼休み。彼氏、見に来ましたパターン。笑





























あの頃の僕らは、誰よりもまっすぐに生きていた。
























「なめんてんじゃねぇよ...。」

by  堂本ヒットミー











完。