美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

【ヘアケア】こなれカールでスタイリング... その2 (漫画・第2話)

 

 

 

 

 

前作は、こちら。

↓  ↓  ↓

f:id:jacksonito32:20161008120159j:image

 【ヘアケア】こなれカールに、イージーアレンジ...(漫画あり。) - 美容師 Hitomiの blog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20161007093830j:image

 ゆるく、こなれ感 出したい秋冬。

 

 

やりすぎないで、くせ毛をいかしたい...

 

楽チンに、とれかけパーマをいかしたい…
f:id:jacksonito32:20161007093837j:image

リラックスな、雰囲気になりたい。

 

 

 

 

 

そんな、アナタヘ(^o^)/

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20161007093845j:image

 スタイルクラブ for カール

 

ルージングフォーム

 

¥1,620

 

 

巻き終えた束髪を、ほつれカールに。

 

アイロンカールの、ほぐし時に。

 

 


f:id:jacksonito32:20161007093851j:image

 アミノ酸セラミドタヒチオイルの

高級な保湿&ツヤ成分を配合

 

 
f:id:jacksonito32:20161008121044j:image

アイロン仕上げの、ふんわりセットに♪

 

f:id:jacksonito32:20161007093858j:image

やわらかなムースタイプなので、

 

髪の1ヶ所に ベタッとつきすぎる心配なし♪

 

スタイリング苦手なアナタでも、

こなれたカール感 実現できちゃいます(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、スタイルクラブ for カールの

 

ホワイトゼラニウムの素敵な香り...

 

 

 

 

ブログでは伝えきれませんが、

 

 

 

 

 

 

 

漫画で表現しちゃいますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイルクラブ恋物語

 ~こなれたキミに心まで奪われて~

 

 

 

 

 

第2話 「君の名前を、知った日。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの日、バス停で出会った

 

秋風にのって現れた美しいキミ...

 

 

キミが落とした名刺を拾った僕は

 

 

 

これは、営業なんだ。と、自分に言い聞かせ

 

キミの働く会社を訪れた...。

 

 

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20161008115616j:image

どうにもこなれた キミに、会いたい。

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20161008115636j:image

もう一目... こなれたキミの姿を見たい...

 

 

 


f:id:jacksonito32:20161008115644j:image

ー 新城 喬子 

 

盛岡市内丸 

火車銀行」内丸支店・営業課

 

 

 

なるほど

 

僕と同じ、営業という戦場で...キミも仕事をしているわけだ。

 

 

 

 

こいつは、どうやら ハードな闘いになりそうだ...。

 

 

 

会社の営業部門で10年連続金賞を取り続けてきた

 

僕の営業トークで

 

かならず こなれたキミを落としてみせる...!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ---------------------

 

 

 

 

 

 

 

盛岡市内丸 「火車銀行」-

 

 

 

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20161008115652j:image

 「申し訳ありません。

 

- 新城は、ただいま外出しております。」

 

 

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20161008115711j:image

こ、

 

こなれちゃってる...

 

 受付の女性も また、秋風の香りがした。

 

 

 

 

にしても、いい香りだァ...

 

 

 

 

 

 

 

 この銀行は、なぜ 美人ばっかりなのか...!?

 

 

 

 

 

 

 

仕方ない。

 

また、出直そう... 

 

 

そう思った、その時だった。

 

 


f:id:jacksonito32:20161008115718j:image

「 圭吾くん...?  ...東野 圭吾くんだよね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

え? ...どうして、ぼくの名前を...!?

 

 

 

 

 

覚えのない彼女は、確かに僕の名を呼んだ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ~   つづく。 ~

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告。

 

 「捨てたはずの、思い出。」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次回も、お楽しみに(^o^)/