読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

【高校生】ボブに変身♪ そして、セルフブローな仕上がりを...

お客様(^^)

 

 DISCOVERY ヘアー ディスカバリー 盛岡市本宮の美容室 http://discoverys.jimdo.com/ - discovery

 

こんにちは。

 

本宮 DISCOVERY 

 

ひとみです(>_<)

 


f:id:jacksonito32:20161205062429j:image

 高校生の、お客様(^o^)/

 

バッサリ

 

 

切っちゃいます。

 

 (前髪ストレートもね!)

 

 

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20161205062437j:image

ルン♪

 

 首がシュッと見えて、綺麗なシルエットになりました(^-^)

 

 

 今回は!

 

ドライヤーで、ざっくり 乾かしました。バージョン。

(手で引っ張らずに。)

 

 

 

わりと、ざっくり乾かしたリアルな仕上げもお見せするようにしております。

 (よく見ると表面が、少しくせでちゃうのです。)

 

特に、耳後ろハネるくせがあるなどのお客様は

 

テンションかけて乾かさないパターンで

ざっくり乾かした感じもお見せすると

 

「あ。少しはねるから、もう少し切ろうかな。」

 

みたいな、段階をふんで確認できますよね。

 

 

 

セルフブローでの、許容範囲といいますか。

 

「そら、美容師さんブログ用に綺麗にびっちりブローしてるんちゃう~ん?わたし、でけへんやん。そんなん。」

 

あるいは、

 

 

「ざっくりブローして、これなら私 OKやで!(^-^)」

 

 

だったりとか。

 

 

 

 

判断基準も、持ちやすくなりますよね!

 

 

 

 まんず、そもそも 

 

美容師さんが後ろに立っテンションかけながらハンドブローしつつ

 

「ほら!ハンドブローでも綺麗な仕上がり!」とアピールしつつも...

 

 

お客さんが洗面所でやるハンドブローとなれば、確かに「いや、自分だとやりにくいしハンドブロー...wwww

 

 

という場合も、実際あったり。

 

 

 

デンマンブラシ使ったほうが、自分でやるとき楽なんですけど...(お客様の声。)

 

 

 

という場合も、実際あったり。(小声)

 

 

 

 

使い分け、大事ですなぁ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラシでブローしたり、

ハンドブローで 手を通しながら風を当てたり

 

乾かし方で 表面がもっと艶やかに見えてきます(^-^)

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

とくに、ボブで

 

お客様は高校生なので

自転車通学の中で髪型を維持したいですよね。

 

 

場合によっては、前髪だけじゃなく

表面に 柔らかめのストレートあると

 

楽チンになることもあります♪

 

 

 

ですので、

 

びっちりブローしすぎた仕上げは

次の日からの、セルフブローとのギャップをうんでしまうのでは...??と、この場合は考えましたでござる。

 

 

ごじゃる。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、自転車通学だしね...。

 

 

 

 

美容師としては、ブログにあげる写真は表面つややかに、綺麗にブローしたいけど...

 

 

 

 

「それは、誰のためのブログなんや...?

 

 

 

 

 

その先を考えて、伝え方も考えていきたいものです。

 

 

 

 

ライフスタイルに合わせて、現実的にブローする部分もお見せするって、よいですよね!(^o^)/

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました‼

 

それでは、また!(^-^)