読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

【仕事】DISCOVERY新聞。新作、企画案の話。

コラム。

 

 

 



 

 

こんばんは。

盛岡の美容室・本宮 DISCOVERYの瞳です。


f:id:jacksonito32:20161212210519j:image

11月から配布している手描き新聞。

 

 

2017年、1月から 新作vol.3を配布いたします。

 

 

 

 

 

 

お客様の中でも、新聞を隅から隅まで

 

 

家族で読んでくださって... 

 

とても嬉しい感想を頂けました。

 

 

 

 

自分自身の中でも、blogで仕事への想いを書いてみたり 少し変化がありました。

 

 

 

 

お客様から、そういった部分への感想を頂けたのも嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

 

自分自身、新聞を作るにあたって 目標としている部分に到達しなければ本来の目的からそれて

 

「とりあえず、楽しんでもらえた。」

 

だけでは、

 

私としても、もう一歩踏み込んだ意味がなくなってしまいます。

 

 

 

 

お客様の中に、響くもの 余韻が残らなければ

意味がないのです。

 

 

 

 

 

しかし、今回 やはり 手描き新聞を作ってみてよかったです。

 

 

 

1年間、海外へ行っていた高校生のお客様が今月 帰国することなりました。

 

お母様に渡した、手描き新聞に

ヘッドスパのメニューを掲載したのですが

 

 

「娘が、ヘッドスパしてみたいって。」

 

と。

 

 

 

私の担当する女性のお客様の中でも

 

はじめて、高校生のお客様にヘッドスパのご予約を頂けました。

 

 

 

興味を持ってくださるお客様に、伝わったことが何より大きな一歩。

 

伝える。より、伝わる。

 

 

伝わる。ことが、スタート地点なのです。

 

 

 

 

「伝えました。」じゃ、ダメなんです。

 

「伝わりました。」じゃないと。

 

 

 

 

 

blogを書いたから、OKじゃないのです。

 

 

 

たった一人のために、書くのがblog。

 

 

 

伝わらないblogを、やり続けるなら

 

私の欲求は満たされたとしても、お店としてどうなの?と。

 

 

 

そこに、かけた時間(コスト)は

 

お客様にメリットをうむことができたの?と。

 

 

 

 

 

手描き新聞にしても、blogにしても

 

作るなら

 

 

双方をプラスに導けるものを作らなければ、仕事としては意味がないのです。

 

 

どんなにきれいなホームページでも、アクセスを集める方法を知らなければ見つけてもらえません。

 

 

 

 

 

以前から、美容の集客サイトに対して

「正直、(美容室の)違いがわからない。」

 

 

 

 

こんな、ぶっちゃけた感想を言っていたのが美容関係者だったのですが。

 

 

どれも、だいたい同じこと書いてる。

 

これが、リアルな意見です。

 

お金をかけているはずなのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドスパ。気持ちよくて、夢みてました...。」

 

 

そんな感想を頂ける、素敵なメニューでも

 

私にとって、当たり前になりかけていたメニューでも

 

「あら。知らなかったわ。 ぜひ、やってみたいわ。」

 

自分のお店を好きで通ってくださるお客様に、改めてちゃんと伝えたい。

 

こんなに、素敵なメニューがあるのに。

 

本来、来ていただいてるお客様にこそ まだ伝えきれてなかったことを知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝える努力があって、伝わる。

 

 

 

 

 

スタート地点にすら立ってないことに、気づくかどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20161212214840j:image

綺麗な艶髪は、頭皮から。

 

 

 

 

 

 

これからも、伝わる仕事。

 

目指していきます(^-^)

 

 

 

 

 

 

それでは、また!