美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

【blog】鳥山明先生VSパパ

 

 昨日なんですが、

 

 病院の待ち時間に、子供に漫画を描いて見せました。

 

普段、ほとんど描いてあげないので

 

じっくり目の前で描いてみせるのは久しぶりでした。

 

 

 


f:id:jacksonito32:20170511203951j:image

待ち時間が長いことは想定していたので

ペンを持ってきてよかったです。

 

息子の自由帳に

オリジナルでドラゴンボールを描きました。 

 


f:id:jacksonito32:20170511204038j:image

 夢中になって見てくれてたのですが、

 

ほんとにパパ描けるぜアピールではなく

子供を静かにさせる為の作戦の為に

やむを得なく描き続けました。

 

 

 

 

なんか、ほら

外で 子供にスマホYouTubeでとりあえず静かにさせるやつって絵的によくないですよね。

 

 

 


f:id:jacksonito32:20170511204020j:image

 ひたすら描き続けて、もうストーリーめちゃくちゃですよ。

 

頭からっぽのほうが夢つめこめるし、溶けた氷の中に恐竜がいたら玉乗り仕込みたいじゃないすか。ねぇ。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20170511204137j:image

 

四人目の子供が、産まれました。

 

 

 

 



 


f:id:jacksonito32:20170511204905j:image

もう、オリジナルの新作仮面ライダーとか描いちゃいました。

 

 

 

息子が、あまりにもびっくりしてて

「どうしてパパ...そんなにベジータとか描けるの???」

と、焦ってたのですが

 

 

「実は...

    

ドラゴンボール描いてるの、パパなんだよ...。」

 

 

 

 

 

と、あかさまな嘘ついたら

 

 

 

 

 

 

息子の目がすごくキラキラして

 

「パパすげぇー!!ドラゴンボール昔、描いてたの! うわぁ~...!すげぇー!」

 

 

と、かなり信じてました。

 

「なんで、昔の設定?」

と不思議に思いましたが...喜んでもらえてよかったです。

 

 

実は、ほんとに 息子の前では絵を描かないようにしたり 描けないフリをしていたので

(私は全然、下手ですが...)

 

 

予想以上に喜んでました。

 

自分で言うのはシャバいですが、

ぼちぼち絵を描ける親が こどもの目の前で

スラスラ描きまくるのはあまり良くないと思ってるんです。

 

自分は描かずに、誉める側にまわったほうが

いいに決まってるじゃないですか。

 

 

 

昔、バスケの上手い先輩がバスケ教えてくるってんでついてったら

自分の上手さを私に見せつけて気持ちよくなってるだけの地獄の二時間だったのをよく覚えています。

 

 

描かせて描かせて、くそ誉めまくる。

 

 

 

絵なんて、そんなくらいがよいですよね。

 

 

 

 

 

 

とりあえず。

 

 

四人目産まれましたので、家族六人

 

ゆる~く頑張っていきたいと思います。

 

 

それでは、また。