読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

ミセスVS美容師Hitomi。シャンプー物語。











こんにちは。

本宮DISCOVERYの、Hitomiです。







こんな事がありました。


f:id:jacksonito32:20151001212153j:image
「ひとみさん? これは、シャンプーなの?」






ミセスな雰囲気のお客様、まち子さん(仮名)。


f:id:jacksonito32:20151001212655j:image

ピンクのシャンプーならぬ、茶色のシャンプー(^^)





※本日も、ピンクをずっと使っていたお客様が

茶色のバージョン詰め替えを注文してくださいました(^^)

来週、お渡しです(^^)





f:id:jacksonito32:20151001212519j:image
「はい。それは、シャンプーですよ。いい香りなので、香ってみてください。」





ピンクのシャンプー物語については、こちらをチェック(^^)
↓  ↓  ↓








f:id:jacksonito32:20151001212924j:image
「ピンクの香りが一番人気ですね。…どうぞ。」





こんな風に、シャンプーの香りを

お客様に香っていただいてます。





だいたい普通は、

f:id:jacksonito32:20151001213259j:image
こんな感じで、お客様が自分で商品を手に持って、香ってみるのですが…










f:id:jacksonito32:20151001213457j:image
「あ、いい香りね。」






f:id:jacksonito32:20151001213602j:image
「はい…、そうなんです。」



f:id:jacksonito32:20151001213649j:image

「これ、ほんと いい香りね。新しいの?」




f:id:jacksonito32:20151001213602j:image
「去年の、春くらいから…取り扱ってます。  …あの、」


(なんで、私の手をつかむ?商品を…商品を持ってください。)









f:id:jacksonito32:20151001214125j:image
「ちょうど今使ってるシャンプーが、なくなりそうなのよね~。今使ってるのも悪くないんだけどね… この香り、いいわね!




f:id:jacksonito32:20151001214409j:image


f:id:jacksonito32:20151001213649j:image

(アッシの手じゃなくて、商品を持ってくれ!)




※お客様は、怪しい意味じゃなく わりと普通に天然な感じで
私の手を持ってました!笑


f:id:jacksonito32:20151001214742j:image
続けて、茶色やブルーなど順に香っていただこうと思ったのですが、




f:id:jacksonito32:20151001213602j:image
「どうぞ、ご自分で 手にとって香って…」







f:id:jacksonito32:20151001213649j:image

「……!?」




f:id:jacksonito32:20151001214125j:image
「うん。茶色! 茶色が私、一番いいかも。」







私たちの仕事って、決して押し売りするもんじゃないと思うんです。
いいと思ったら買う。

決めるのは、お客様。

少しでも多くの方に、商品の良さ、価値を知っていただければ
OKです。



で、流れ的に

今回のまち子さんみたいな「あ。買っていただけそうだな。」っていう時は
私も普通に、



f:id:jacksonito32:20151001213602j:image
「そ、…そすか。   じゃあ、買います?」


って聞くのですが、





なんせ、


f:id:jacksonito32:20151001213649j:image
この状態で、まち子さん喋り続けてまして

時間にしてほんの7秒くらいが


20分くらいに感じてしまいまして



申し訳ないですが、早く話を切り替えたくて




もう、買う流れで行きそうだったので…











f:id:jacksonito32:20151001213602j:image
「じゃあ、茶色でいいですか? えっと、買います?」









f:id:jacksonito32:20151001215828j:image





f:id:jacksonito32:20151001213602j:image








f:id:jacksonito32:20151001220954j:image







f:id:jacksonito32:20151001213602j:image









f:id:jacksonito32:20151001213259j:image







f:id:jacksonito32:20151001213602j:image







f:id:jacksonito32:20151001221332j:image







f:id:jacksonito32:20151001221349j:image










f:id:jacksonito32:20151001221315j:image








f:id:jacksonito32:20151001221531j:image
「…じゃあ、また機会ありましたら、  …ぜひ。」








f:id:jacksonito32:20151001221701j:image
「はい。ありがとうね。」








f:id:jacksonito32:20151001221531j:image
「 …ざっす。」


















後に、まち子さん。

ピンクのシャンプー詰め替え 買ってくださいました!

(茶色ちゃうんかい。笑)






気持ちって、ちゃんとつたわるんですね!(^^)








では、また!