読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

【パサつき・必見】本当にカットだけで、髪のパサつきは抑えれるのか?

 

 

 

 

 

 久々の、お客様です。

 

デザインカットの希望でした。

 
f:id:jacksonito32:20170222144705j:image

 出張前に、髪を整えたくてDISCOVERYに来てくださいました。

 

いつもは、他店でカットしているお客様です。

 

 

他店といっても、ヒットミーの知ってる美容師のお店に行ってるのです。

(私の母は美容師...)

 

 

 

 

 

 

 

今日は、えりあし付近をさっぱり整えたいとのことでした。

 

あとは、だいたいお任せで。
f:id:jacksonito32:20170222144759j:image

 写真の通り、くせは強くないですが

髪の表面のパサつきが少し気になりますよね。

 

 

 

これは、ダメージによるパサつきでしょうか?

 

それとも、くせによるパサつきでしょうか?

 

それとも、一時的な乾燥によるパサつきでしょうか?

 

 

 

blogをご覧のあなたに理解して頂きたいのは

必ずしもパサつき=ダメージではないよ。

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:jacksonito32:20170222144841j:image

見たところ、ダメージは ほぼ ゼロ。

 

 

一時的な乾燥によるパサつきプラス くせによるパサつきでしたので、

 

カットでじゅうぶん収まる程度のパサつきでした。

 

 

 

 

 

今の時代は、薬やトリートメントで解決に導く選択肢が増え(払う料金も増え)

 

○○トリートメントでサラ艶に!

○○なんちゃらでパサつき改善!

 

 

 

当然、艶はほしいですよね。

(もちろん、現代の薬のクオリティはすごいです。)

 

 

 

 

 

 

今回、お伝えしたいのは

 

ヒットミーは、自分のカットの限界値を把握してるので

 

「カットでいけるな、コレ。」と判断したら

 

希望されてないトリートメントメニューや、髪質改善のメニューはとくにお客様におすすめしません。ということなんです。

 

 

 

 

 

もちろん、カット技術の限界値を日々あげていくのがプロの美容師。

 

自分の技術の限界値を把握できてないとかなりリスクがありますよね。

 

 

 

 

 

今回も、シャア専用ザクのように

 

 

ヒットミー専用の、「パサつき悪化させない秘伝のカット」を施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

必殺、「ドライヤーで乾かしただけ。」

f:id:jacksonito32:20170222144908j:image

もはや、ヒットミー名物となりつつある

 

「超・適当ブロー」

 

綺麗ですよね???髪も、お客様も。

 

なぜか、パサつきが解消されてます。

 

 

正直に言えば、一時的な乾燥によるパサつきなので 洗い流さないトリートメントしっかりなじませてドライヤーすると

 

じゅうぶんパサつきは、収まるんです。

 

 

 

なんちゃらトリートメントは、最終手段です。

 

カットで解決できることは

カットで限界までやります。

 

 

 

 

 

ただし、


f:id:jacksonito32:20170222144922j:image

(素敵なお客様...♪)

 フォルムをしっかり正確にカットする技術がないと、後日 すぐに崩れます。

 

 パサつきを、悪化させないカットは大切です。

 

 

車で言えば、オイル交換くらい大事です。

 

 

 

 

 

 

 

様々な条件が、お客様によって変わりますが

 

 

 

blogを見てくださっているあなたの髪は...

 

何が原因のパサつきでしょうか?

 

 

 

 

 

本当に、トリートメントが必要なのは

 

今じゃないかも??

 (※トリートメントの効果はすごいです。)

 

 

 

 

 

 

 

2/27(月)は、仙台セミナーに参加してきます。

※休みです、すみません(T-T)

※そして、火曜定休です。

 

 

 

 

仙台では、牛タンも食わずに勉強してきます。

 

ラーメンは食べますけどwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また!

 

 

 

 予約