読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師 Hitomiの blog

本宮DISCOVERY ヘアスタイリストHitomiのblogです。 岩手・盛岡

普通の美容師の、普通のこと。




ヒトミです。







今日も、ピンクのシャンプーにまつわる話です。








日曜。

一人営業だったのですが、


ラストの  常連のお客様の出来事...













カウンセリングが始まり...





f:id:jacksonito32:20150921175134j:image
「姉さん。今日、どうしやす?」



f:id:jacksonito32:20150921174709j:image

「なんにも決めてないです。お任せで。」









f:id:jacksonito32:20150921175134j:image
「切ります?長さ。」





f:id:jacksonito32:20150921174709j:image
「もう少し、伸ばしたいかなって。お任せで。」









f:id:jacksonito32:20150921175134j:image
「色は?  」





f:id:jacksonito32:20150921174709j:image
「お任せで。(※だから お任せっつってんじゃん。)」








ある程度、常連さんだと


「ヒットミーの、お任せちょうだい。」が よくありますので





あらゆるオーダーを予測して、
準備してた秋冬スタイルのご説明に
入らせていただきましょう、


と、思って




f:id:jacksonito32:20150921175134j:image
前髪の上の段をふんわりさせるイメージとか、

毛先の黄色みをいかした

秋冬の アッシュベージュのイメージとか


伸ばし中の毛先の厚みや段差など


写真で いざ 説明しようかなと思いましたら











f:id:jacksonito32:20150921180322j:image


突然、お客様   「ふ~~ん...。」



って





「え?   まだ僕 何も言ってないですけど。」



と、思いましたら











f:id:jacksonito32:20150921180450j:image

私の「相棒」が目にとまったようで。

(※相棒たち。ですね。)




f:id:jacksonito32:20150921174709j:image
「これ。シャンプーですか...?」









f:id:jacksonito32:20150921175134j:image
「......。  姉さん、ソレ。





すっごく イイよ。 







※すでに、苦手な販売トークはあきらめてます。











f:id:jacksonito32:20150921174709j:image

「香ってみて、いいですか?」










f:id:jacksonito32:20150921175134j:image
「片っ端から、どうぞ。」

(販売トークなんて、いらない。できない。)












f:id:jacksonito32:20150921174709j:image
「じゃあ、コレ ください。」









ほんとに、ありがとう。の気持ちでいっぱいです。





f:id:jacksonito32:20150921180450j:image

「知ってもらえるだけで、OK」


僕は美容師として、このピンクの愉快な仲間たちが、普通に一番好きなので




必要なお客様にだけ


知っていただければ、と思っております。





日曜、買ってくださったお客様も


今  このblogを読んで

「なに 勝手に私のエピソード載せとんねん。」


と、突っ込んでおられるかと思います。










f:id:jacksonito32:20150921182640j:image

いつも、次の入荷まで

手書きで書いた ヒットミーPOPちゃんたちが




ちょっと、さみしそうにしています。





愛情のない商品に、俺はPOP書けない。



知ってもらえるだけ、ありがたい。」です。






ただ、なんとなく


オチもないけど、



ピンクのシャンプー



大好きです。






そして、その想いをお客様と共感しあえるのが



楽しいです。




DISCOVERYには、ノルマなんてないです。


「瞳が真剣にお客様に向き合って、本当にお客様が喜ぶ、為になる商品 メニューをちゃんとお伝えしよう。(今、その商品を)必要のないお客様に売るのは違うくて、必要な人に 必要なことちゃんとお伝えしようぜ。」


みたいな感じのことを


店長が言ってました。
(※本人は酒飲んでて覚えてないかも。笑)




そういう、真剣、真心な感じで




これからも やっていきます。






ありがとうございました(^^)







では、また!